ターラのブログ【TA-RA△Ⅲ&NaturalSpirit】

ナチュラルスタイルのスピリチュアルライフを送るTA-RA△Ⅲ(ターラ)のメッセージブログ https://www.tararing7.com/

フィッシュポンドとヒストリカルパークと。。。

こんにちは、ターラです。

 

コーディネーターの方が、幾つかの候補から今回宿泊するホテルを

「マウナラニベイホテル」に決めた後?前?に

ホテルの敷地内が

ルルドの泉、セドナと並ぶ世界的なパワースポットだと、聞いたのだと思うのですが。。。。

意識に残る感覚ではありませんでした。

 

パワースポットと言われると、逆に「どうパワースポットなのかしら?」と

思ってしまうところもありました。

一人一人、感じ方は違って良いし、

大きいとか小さい場所とか

有名とか、そうでないとかも関係ないのだけれど。。。と思っていました。

 

夏至の数日前には私のハワイへの祈りは大きく完成しつつありました。

ハワイへ向かう前には、一通りのハワイリトリートツアーを終えたような、

完了した感覚も出来上がっていたのですが、

リトリートツアーに参加してくださる皆様の山が5月22日の新月だと

思っていましたので、それまでに緊急の連絡が、ありがたくなかったことが、

ワイ島で全員でお会いできると確信になっていました🌟

 

集合してからホテル棟に近い池の周りを散歩しながら、お一人お一人と

お話をしました。

曇り空の空から割れて太陽の光が射します。

今回のリトリートは右肩上がりに全てが上がっていきました。

日本から持ち来る、抱えていたものを少しづつ良い形で、

自分らしさへと変換していかれたのです。

大きなチャンスの前ほど、「行きたくない」「やめようかな」という

感覚が出てくるのをご存知でしょうか。

自分との囲碁をうつような、将棋をさすような前段階の日々だったことでしょう。。。。

f:id:ta-ra3:20170714163307j:plain

 

池を見ると王らしき方がお供の方と筏(いかだ)のような平たい形をした小舟の上に

いらっしゃるのが観えました。

水遊びなのでしょうか、儀式なのでしょうか。

半裸のお姿ではあっても高貴な方がいらっしゃる姿は高尚で荘厳な雰囲気をかもしだしていました。

 

これは、もちろん、カメハメハが王となられる前のビジョンらしい景色です。

大昔のビジョンです。

 

かなり前すぎたのでしょうか、

波動が高すぎたのでしょうか。。。。

 

私の目が数分、水の中から物を見ているときのような揺らぎが取れなくなりました。

肉眼に負荷がかかりすぎたようです。

それだけ、ハワイの王朝の歴史のパワーは壮大であり、

私、日本人とはあらゆる繊細な部分の違いもあるのだと思いました。

ビジュアル化するための脳神経との変換も大きなことをしている感覚が

ワイ島にいる間は常にありました。

大丈夫、全て守護していただいて導かれながらですから 😊

 

その光景は優雅でした。。。とても。

立派なお姿でした。。。。。ハワイ島に到着してから、ハワイスピリット、

カメハメハ王の高貴さは、真っ直ぐに天高く上がるような気と情熱。。。

人間として尊敬と敬服したくなる気持ちでいっぱいにしてくれました。

お陰様で、私の肉体の一つ一つの細胞も

ハワイスピリットそして神々の守護、

家族の祈りや参加(遠隔ヒーリングも含め)の皆様の加護、守護のおかげで

直ぐにハワイの全てに馴染ませていただくことができました!

すこぶる健康そのものでした😊ありがとうございます❤️

 

マウナケア山から戻り、ヒストリカルパークへ行ってみることにしました。

ここは、オーラが見える場所があるとのこと。

「本当?どんな風に?」と、自分の個性はさておいて

一般情報的なスピリチュアルには懐疑的な私です。

 

ホテル敷地内とはいえ、遠いようであれば、かなり歩くのであれば、

引き返そう、、、と

意欲の薄い感覚で向かいました。

マウナケア山の宇宙とご来光が大きすぎて、それと同じ感動があるとは予想できなかったのだと思います。

 

無意識にビーチサンダルを選んで履いています。。。。

 

あとで気づいたのですが

ハワイへ向かう数日前にコーディネーターの方と、電話でお話をしている際に

突然、ハワイ先住民の女性と繋がりました。

時代は白人が入島し始めた頃の方のようでした。

 

靴というものに強い違和感を覚えたとフルトランス状態の私を通じて、

お話してくれました。

足の形、足の指の形でさえ、当時の方にとっては個人を見分けるものだったのでしょう。

全てが素直に純粋に向き合う人々だったのでしょう。

武装する白人の持つ箱の中から出てきたスケールや、多くの紙類。

切り分けられていく土地や恵み。

太陽と月と山々の神々が黙っておられるのは何故か。。。天変地変のような胸の騒ぎが

彼女から伝わりました。

皆のものであったはずのものが、切り分けられていく。

銃がうなると一瞬で動かなくなる人。

多くの事象が、気持ちも理解も追いつく間なく変化していったのです。

その時に彼女が言ったのです。

「靴は嫌だと」

 

ヒストリカルパークは溶岩や赤土の間に少しの植物が生える

天が大きく開けた、太陽を遮るものが殆どない場所でした。

いつもなら「暑いなあ、、、」と思うところが

理由なく「私、ここ好きかも!」になっていました。

f:id:ta-ra3:20170714163403j:plain

ある洞窟らしき前にきました。

コーディネーターの方が「この中にオーラが見えるところがあるんじゃないかしら」

そう言われました。

 

私は先に洞窟に入って行こうとしました。

すると入り口付近で、洞窟の中の全ての様子が観えたのです。

「ここ、先住民の方の生活していたところよ」と私。

入り口付近右側の少し奥にスペースのあるところは「寝る場所」

眠ったり、座り休んでる人が観えました。

 

大勢の方がいらっしゃいます。

和やかです、少しも怖い感覚、強い感覚はありません。

入って中央左側は調理?するスペースで、上側の隙間から食物を上から運ぶように

渡しているのが観えました。

 

奥の中央の光がさしているところで

日本人らしき女性観光客の二人が、ご自分たちのオーラを自撮りカメラ棒を使い撮影されています。

 

私が近くを通ると、私をみて

「わあ!黄色、黄色!光ってる」と騒がれます。

(へえ。。。肉眼でも見えるんだ。。。)

 

「笑 そうですか。。確かに黄色とか発光とか、言われます」と私。

こんな場所では、素直に話せるものですね 😊

個人レッスンではオーラを観る練習を行うのですが、その際に、生徒さんから

光る黄色や白光などと言われること、しばしばでした。

 

そのオーラが見えるらしき場所の奥の暗い場所が

強烈に気になります。

石が積まれています

間違いなくここは神殿、神棚、聖域だったに違いありません。

頭を垂れて手を合わせました。

するとはっきりと「マナ。マナ」と聞こえたのです。

 

ハワイにいるときの私は聞こえたことは直ぐにコーディネーターの方に

伝えるようにしていました。

全く情報を持たずにハワイに入りましたから、細部まで受け取ったことは

大切にしたかったのです。

コーディネーターの方は、その言葉に、すぐにピンと来たようでした。

 

「マナ」神秘の力と一般的には表されるようです。

 

私は、今、思うのは「マナ」とは「愛のパワー」のことだと思っています。

 

日本語でも「マナ」は「愛」とも書き表しますもの。

 

そして

オーラが映るのでしょうか。。。。?笑

 

撮影してみました。というか

観光のお二人もコーディネーターの方も

「ターラさん写さなくても光ってる」

 

でも写してみました 😊

何枚か写した写真なのですが、このときには私は

その場所で神官であったらしいのだろうと繋がって感じられる、

長(おさ)のようなおじいさんと繋がっていたのです。

この方の守護いただきはじめ、共に歩き始めていました。

「ハワイのパワーと素晴らしさを魅せてあげよう!」

 

その言葉通りの日々になりました。

ありがとうございます。

 

言葉にしてシェアしてしまうと時空間に隙間が入り

最高ではなくなることが、しばしばあります。

何か良い感覚を受け取ったら、叶うまで、終了するまで

黙っていることも、これは大切なことです。

 

それだけ「バランス」は大切だということです。

 

その場所では、大きな愛との出会いが、まだありました。

男性らしき大きな温かい手が私の右肩に

おかれたのです。

それは言葉はなくても「励ましでもあり、讃えてくれている」そう感じました。

これが自惚れてるのか?と自分に問うても、、、正直に受け取った感覚でした。

自分で首を横にふって、大逸れてる大逸れてると思うのですが、懐疑的な自分へ引っ張りますが。。。

間違いなくカメハメハ王、、、1日目にヘイアウでお会いした方でした。

 

ワイ島にも、もちろんマイナスのエネルギーはあります。

気をつけなくてはならない時空間や場所は、地図にはありません。

そんなマイナスエネルギーを感じたときも、私は「カメハメハ王」に

繋がってみたのです。

矢の如く、真っ直ぐに気力が上がりました。一瞬で陽転するのです。

迷いなど、憂いなど、、必要なくなるのです。

 

初めて、この洞窟へ入ったときは入り口に

看板のようなものがあることに気づきませんでした。

戻る際に見つけて、本当に、そこが生活の場所だったことを知りました。

 

滞在中に、この場所へ

できるだけお祈りに伺いました。

最終日にも、お礼に伺いました。その時には癒しの涙が溢れて溢れて

止まりませんでした。

張り詰めていたものが、一気に癒しのパワーで解かれていくようでした。

 

フィッシュポンドでも最終日、ご挨拶に回っている際

「カフナ」「カフナ」と聞こえました。

コーディネーターの方も知らない単語でしたので

あとで調べますと「神官」や「専門職」を表す言葉でした。

 

美しい池の光には王族の方の優雅な大いなるヒーリングパワーで

溢れていました。

この場所にきて、美しい気持ちにならない人などいるでしょうか。。。。

f:id:ta-ra3:20170714163443j:plain

ヒストリカルパークには毎回、ビーチサンダルで向かいました。

温かい生命エネルギーをいただきました。

 

頭で考え用意周到にせずとも、純粋に素直に、

「導き」に委ねること。

未知や未来のことを考えても

わかりきることなどできません。。。そして考えすぎたようにはなりません。

自分ができることを毎日、大小関係なくしていることが

ベストを引き寄せます。

 

そして。。。

共に歩いてくださった神官のおじいさまのお話は日本に戻っても

続きました。

それらを詳しく聞いていない息子が、黒く灼けた私を見つめながら

 

「お母さんの頭の周りをハワイのおじいさんが踊りながら回っている」そうです。

そうかぁ!!だからハッピーは続いて続いて、それどころか

明るい勇気と気力とそして愛情が大きく大きくなっているのね😊

 

ありがとうございます!

私たちは繋がり、共に生きることができる。

国や歴史や体つきも性格も身分も地位も違えども。

「愛」がこの世で一番強いパワー!大好きなパワーです💖

その中に大きな愛である「赦し」もあります。

一番、人として高く、難関な「赦し」。お盆に近づくこの時期に

「赦し」はあなたへ大きなギフトを運んでくれるでしょう。。。

相手のためではなく、全てあなたのために

 

愛と感謝をこめて TA-RA△III